仙台で根本改善の整体なら「グッドライフ」

股関節ストレッチ後の股関節の違和感と腰痛、足のしびれ(仙台市の30代女性 主婦)

3年ほど前に股関節に違和感を感じてから、腰痛や足のしびれが始まりました。きっかけは、脚を外側に開いて股関節内側のストレッチをしていた時に、パキッと股関節が鳴った時だと思います。

【腰痛・足のしびれの場所】

しびれ

 

【初診時の状態】
・毎朝、目が覚めると腰痛がある。
・長い時間立っていると腰が痛くなる。
・立った状態で上半身を前に倒していくと腰が痛くなる。
・腰痛が酷い時は、右の太もも外側がしびれる。
・このしびれは正座をした時に起こるような、ビリビリする感じのしびれ。
・右脚の付け根(股関節)に違和感がある。特に股関節を動かすとその違和感が強くなる。

【カイロプラクティック検査】
・右大腰筋の緊張が強いため、右股関節の動きの制限がある。
・左腸骨筋の緊張が強い。
・骨盤の歪み(骨盤の前側の恥骨結合の問題が特に強い)。
・腰椎4番の歪み(サブラクセーション)。

【カイロプラクティック ケア】
腰痛の主な原因は、腰と右の股関節をつなぐ筋肉(大腰筋)の緊張によるものだと考えられます。
この大腰筋は股関節の前側まで付着しているので、股関節の違和感の原因は大腰筋の緊張により、大腰筋が骨を引っ張っているせいだと考えました。
太もも外側のしびれの原因は、股関節を取り囲む筋肉の緊張によって血管が圧迫されている為、しびれを感じているのだと考えました。

【施術の経過】
腰と股関節に関わる筋肉のバランスを整える施術を行い、股関節がスムーズに動けるように施術を行っていきました。
その結果、一回の施術後は痛みがまだ残りましたが、腰の動ける幅が増えました。
二回目の施術後は腰の痛みが無くなり、三回目の施術後は股関節の違和感と太もも外側のしびれがなくなりました。

【院長のコメント①】
長時間の正座により、足がビリビリとしびれた経験をされた事は皆さんあるかと思いますが、どうしてしびれるかをご存じですか?あれは足の血管が長時間圧迫されて、血の巡りが悪くなり、筋肉や皮膚に酸素が届かなくなった結果末梢神経の機能が狂い、しびれを感じるのです。
今回の太もも外側のしびれもこれと同じような原理でした。股関節周囲の筋肉が硬くなった事により、その部位の血流が悪くなり、末梢神経の機能が狂ってしまっていたのです。

【院長のコメント②】
このクライアント様に、当時どのように股関節内側のストレッチをしていたのか実際にやって頂きました。
その様子を見ていて「あ~そのやり方だと股関節を痛めてしまうな~」と感じました。どうしてかと言いますと、筋肉をストレッチした状態でリズム良く反動をつけて股関節を伸ばしていたからです。反動をつけるストレッチは、過度に筋肉や靱帯を伸ばしてしまい、筋(すじ)を痛める危険性があります。基本的なストレッチは反動をつけずにジワーッとゆっくり時間をかけて伸ばしてあげた方が筋(すじ)を痛めにくいです。反動をつけたストレッチは筋肉がよく伸びるように感じますが、痛める危険性が高いので皆様お気をつけ下さい。

 

 

仙台で根本改善の整体なら「グッドライフ」 PAGETOP